旅のリコメンド

犬も歩けば世界遺産!ひとりで世界旅行(ローマの旅記 in 🇮🇹 )ー1/2編

スポンサーリンク

 

 

 着々とみなさんのアクセスが増加しているので、モチベーションが高まります。みなさんどうもありがとございます。

 

 

 

前回の投稿です。

芸術が謳う街!ひとりで世界旅行(フィレンツェ(フローレンス)の旅記 in 🇮🇹 )ー1/1編

 

  本日3月13,14,15日は、前回のフィレンツェに続きまして、以前からずっと行ってみたかった念願のローマに来ています。みなさんも真実の口に手を入れて、食べられたふりをしてみたいですよね?

(勝手な偏見、先入観でごめんなさい)

 

f:id:tkgsx1300:20190802200745j:plain
今日は「水色星」で、イタリア🇮🇹のローマ

 

 

 

チップの参考額:イタリア
一般的なレストラン 1〜2€くらい
高級レストラン 10%くらい(端数無いように)
ビュッフェ 1〜2€くらい
高級ビュッフェ 10%くらい(端数無いように)
ファストフード 不要
カウンターバー バールでは基本不要
タクシー=普通 運転手によっては渡さないが、大体10%くらい
現地ツアーガイド 基本不要だが、渡すなら20€程
ホテルの清掃の方に対して 渡したければ1€くらい
ドアマン 1〜2€くらい
ベルボーイ 1〜2€くらい
ウェイター 気持ち€
イタリはでのチップは強制ではないので、あくまでも気持ち。

 

 本日の午前中までいたイタリアのフィレンツェから、電車でローマのテルミニ駅へ向かいまして、そこからイタリアでおなじみのデコボコ道を歩きながらホテルを探しました。

 ところが、またまた私の技量が足りなさすぎるので、またしてもホテルが見つからないという事態に陥ります。

 ですので違うホテルのフロントの人に、本日泊まるホテルの場所を地図を用いて聞いて、そのお姉さんに丁寧に教えてもらいやっと到着する事が出来ました。

 

f:id:tkgsx1300:20190827112414j:plain
薄紅色がテルミニ駅で、赤い丸がホテルです。 

 でこぼこ道なので余計に疲れます。

 1、「ルレ・サンタマリア・マッジョーレ」

 

 私が本日泊まったのは、ルレ・サンタマリア・マッジョーレという下の写真のホテルです。入り口は少し狭かったですが、その外観とは裏腹に内装は大変綺麗でした。

 

f:id:tkgsx1300:20190823165437j:plain

引用元:ルレ サンタ マリア マッジョーレ(ローマ)– 2019年 最新料金

私が泊まった部屋もこんな感じでした!

www.expedia.co.jp

 

 私の泊まったお部屋も大変綺麗でした。今回の旅の中でも一番綺麗だったかもしれません。室内は日本ではないので全て土足でしたが、その土足も不快にはならない程部屋の中は広くて、逆に一人では勿体無いのでは?と考えるほどのものでした。

 

2、「コロッセオ」 

 

 早速荷物を置いて、ホテルから徒歩圏内にある最初の目的地「コロッセオ」へ行ってきます。こちらへは電車で行こうかと考えましたが、ホテルのお兄さんに「コロッセオくらいだったら歩いていけるよ!」と言われてその通りにして歩いて向かうことに。

 

f:id:tkgsx1300:20190525130037j:plainf:id:tkgsx1300:20190522130051j:plainf:id:tkgsx1300:20190523101507j:plain
コロッセオ

 

スポンサーリンク

 ここにも母国語(日本語)でお話しする日系の方がたくさんいらっしゃいました。

 

 それは良いとして、コロッセオの中に入るための列がとても長かったです。私自身、駅にて「ローマパス」という48時間(時間は選べる)電車に乗り放題のチケットを買いまして、そのチケットの特典としてコロッセオに並ばなくても優先的に入れるという情報をネットから入手しましてその入り口を探しますが、その入り口にも「ローマパス」を持っている人が長蛇の列を作っていました。

 

せっかくのコロッセオですが、ローマの世界遺産群を出来るだけ多く回るためには時間に余裕がなかったので、列に並ぶのは諦めました

スポンサーリンク

コロッセオも写真に収めることがでたので満足して、「犬も歩けば世界遺産」の街であるローマの次の世界遺産へ向かうことにします。

 

 3、「真実の口」

 

 次にサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の「真実の口」へ行きました。真実の口は単体での世界遺産ではありません。写真を撮るために2、30人ほど並んでいまして、私もその列に並ぶことにします。 

 

待つこと10分くらい。

「係りの人はいなかったので私はどうやって自分と真実の口のツーショットの写真を撮るつもりなのでしょうか。Googleの画像検索をすれば沢山出てくるようなおなじみの「真実の口」の画像を、わざわざ高いお金を支払って現地に赴いて撮らなければならないのでしょうか……突如冷や汗が出てきました。またしても準備不足なのがバレてしまう。」

 

  すると、後ろの方から日本語が聞こえてくるではありませんか!助かった!

早速話を私の方からかけまして、お願いをして写真を撮ってもらうことにしました。

 

f:id:tkgsx1300:20190523102645j:plain
真実の口と自分のツーショット 

 今回は噛まれずにすみました。私はまだ嘘つきではありませんでしたね。

 今回上の写真を撮ってくださった女の子4人組にお話を聞くと、関西地方から観光で来た学生さん達だそうです。 

 素っ気ないですが、「どうもありがとうございました、さようなら!」をしまして私は次の目的地であるパンテオンへ行きます。

 

 4、「パンテオン」

 

「パンテオン」も「真実の口」同様、広義の意味では世界遺産だそうです

 

f:id:tkgsx1300:20190524182826j:plainf:id:tkgsx1300:20190523102708j:plain
パンテオン

 

 いかにも神殿って感じですよね。パンテオンとは「すべての神々」という意味だそうです。 

 内部観覧は無料で、気軽に入り写真を撮ったり落ち着いて見学をしたりする事ができました。中にはたくさんの神様がいましたがインスタ映えという程ではなかったので、特筆して写真は撮ってこなかったです。ですが、内部の写真として下の二枚を撮ってきました。

 

f:id:tkgsx1300:20190523102702j:plainf:id:tkgsx1300:20190523102651j:plain
パンテオンの中 

 今回の旅記はここまでです。最後までご覧いただき、どうもありがとうございます。次回も楽しみにしていてください!

 

神が住む街!ひとりで世界旅行(ローマの旅記 in 🇮🇹 )ー2/2編

 

 それでは、また。

スポンサーリンク

私です(It’ me)

挑戦好きで几帳面な20代男子です。残り少ない時を爆速で楽しみます。 すべての投稿においてビジュアル重視で作ったので、みなさんがあっと驚ろかれることを期待しています。毎週金曜日に投稿する予定なので、楽しみにお待ち下さい。