旅のリコメンド

俺の旅の軌跡と映えそうな写真達!地球一周旅行のまとめ🇺🇸🇮🇹🇪🇬🇨🇳🇯🇵

スポンサーリンク

 

 

 今回は、2019年3月3日から3月23日の21日間という相対的に大変短い期間で行ってまいりました「地球一周旅行」のまとめの記事を書いていきます。

 

 世界中の国連加盟国は193ありまして、それに3カ国を足した196の「国」が今現在この地球上に存在します。そんな中、私は今回の旅で4カ国(バチカン市国を入れれば5カ国)訪れましたが、日本の羽田空港からスタートして地球の自転と同じ方向に進み、日付変更線を一度だけ跨ぎ日本の成田空港に帰ってきたので、距離的な地球一周といっても過言ではありません。

 

 そんな2019年3月に実行したしました私の「地球一周旅行」のまとめをハイライト写真と少しのコメントと共に振り返っていきます。

 

 今回の旅で訪れた各地のお土産を集めて、写真に収めてみました。

 

f:id:tkgsx1300:20190615091646j:plain

 

 お待たせいたしました。 これから時系列順に私が観光した国ごとのハイライトを書いていきます。

 

地球一周旅行の目次!!

 〓〓〓🇺🇸ロサンゼルス🇺🇸 〓〓〓

〓〓〓🇺🇸ニューヨーク🇺🇸〓〓〓 

 〓〓〓🇮🇹ミラノ🇮🇹 〓〓〓

  〓〓〓🇮🇹ベネツィア🇮🇹〓〓〓

 〓〓〓🇮🇹フィレンツェ🇮🇹 〓〓〓

 〓〓〓🇮🇹ローマ🇮🇹 〓〓〓

 〓〓〓🇪🇬アブ・シンベル🇪🇬 〓〓〓

 〓〓〓🇪🇬カイロ🇪🇬 〓〓〓

〓〓〓🇨🇳深圳🇨🇳 〓〓〓

〓〓〓🇯🇵日本🇯🇵〓〓〓

 

 

 今回の旅でお世話になりました、銀座のH.I.S.さん。こちらで「地球一周旅行券」の手配をしてもらいました。過去に一度「ロサンゼルスの旅記」にて下の表は載せましたが、もう一度おさらいとして「地球一周旅行券」の概要まとめを載せます。

 

 

 

世界一周旅行券
・エコノミークラス=300,000
・ビジネスクラス   =600,000
・ファーストクラス=900,000
特徴
・最大16区間搭乗可能
・繁忙期、閑散期関係なく同じ料金
・大西洋、太平洋を1回づつ横断
・陸路は1区間扱い
・最短2週間からでも渡航可能
◎以下の付加価値がついてきます。
・プロフェッショナルスタッフ=プロフェッショナルなスタッフが、渡航のルートやお金に関する情報、便利グッズ、予防接種等おの重要事項を包括的にアドバイス
・安心のサポートサービス=旅行時の急なトラブルや搭乗機の欠航、スケジュールの変更があった際にH.I.S.海外拠点スタッフが日本語でサポートしてくれる。
・プラスαの手配=各国国内線の手配、ホテルや鉄道、オプショナルツアーなどの旅のパーツを手配してくれる。
・航空券の変更=変更可能な航空券の手続きなら、海外ではなく日本のH.I.S.が電話で対応してくれる。
 ・訪問予定地の現地安全情報=訪問する国・地域の最新海外安全情報や緊急一斉通知のお知らせをメールにて配信してくれる。

 

rtw.his-j.com

 

 

 以下の世界地図に渡航した経路を記載します。まずは赤い星の日本から。

 

f:id:tkgsx1300:20190801132209j:plain
「赤星」の日本🇯🇵

 

 そして、旅の始まりでもあるここ、羽田空港。 すごく綺麗でした。

スポンサーリンク

 

 結果論ですが、私からしたら渡航してきた4カ国のどの空港のターミナルよりも綺麗だと感じました。特に、印象的な落ち着いた青の色遣いのターミナルであったので、とても落ち着けました。(日本だから。というプライミングが働いていのもありますが)

 

 設備面や内装が綺麗な空港であり、日本の誇るべき国際空港だと思います。

 

f:id:tkgsx1300:20190823172420j:plain

f:id:tkgsx1300:20190823172424j:plain

引用元:写真で見る羽田空港「フォトギャラリー」 ⁄ 新国際線誕生! | 空港を楽し …

 

 以下より、写真と写真下のコメントでのハイライトです。

 

〓〓〓🇺🇸ロサンゼルス🇺🇸〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802113851j:plain
「赤星」の日本🇯🇵から、「黄星」のロサンゼルス🇺🇸へ
f:id:tkgsx1300:20190616100342j:plainf:id:tkgsx1300:20190615091224j:plain

最初はロサンゼルス。街は綺麗だったけど、地球一周旅行最初の滞在地。海外なので怖かったです。

スケールが違う!ひとりで世界旅行(ロサンゼルスの旅記 in 🇺🇸)ー1/1編

〓〓〓🇺🇸ニューヨーク🇺🇸〓〓〓

f:id:tkgsx1300:20190802114404j:plain
「黄星」のロサンゼルス🇺🇸から、「緑星」のニューヨーク🇺🇸へ 
f:id:tkgsx1300:20190616094851j:plainf:id:tkgsx1300:20190616091729j:plain

最初の写真は、ニューヨークのマンハッタン島にあるタイムズスクエアで、二番目は私が泊まったホテルの写真です。

 

 タイムズスクエアは夜ではなく昼間の写真であったため、あまり映えるものを撮ることができませんでした。ですが、昼間でも大変迫力はありましたけどね。

 

 Googleの画像検索ではかなり映えている写真が載っていますので、是非そちらもご覧ください。

 

まるで映画の世界!ひとりで世界旅行(ニューヨークの旅記 in 🇺🇸)ー1/1編

〓〓〓🇮🇹ミラノ🇮🇹 〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802200745j:plain
「緑星」のニューヨーク🇺🇸から、「水色星」のミラノ🇮🇹へ
f:id:tkgsx1300:20190615091330j:plainf:id:tkgsx1300:20190615091640j:plainf:id:tkgsx1300:20190615091254j:plain
全てミラノ大聖堂にての写真です。最初と二番目は、撮影…Mr.Eli. 

 外国の方と知り合う事ができ素晴らしい写真まで撮ってもうことによって、素敵な思い出ができたここミラノ。人と出会い関係を築くことの素晴らしさを再認識しました。

スポンサーリンク

 

映え方が桁違い!ひとりで世界旅行の旅記(ミラノ in 🇮🇹)ー1/2編

イタリアのミラノで眺める異国の街並!ひとりで世界旅行(ミラノの旅記 in 🇮🇹)ー2/2編

〓〓〓🇮🇹ベネツィア🇮🇹〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802200745j:plain
「水色星」で、イタリア 🇮🇹のヴェネツィア 
f:id:tkgsx1300:20190616101239j:plainf:id:tkgsx1300:20190616101245j:plainf:id:tkgsx1300:20190616101251j:plain
一枚めは水上バスから、二枚目はゴンドーリエさん達、三枚目は水上バスからの夕日(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ 

イタリアの離島!ひとりで世界旅行(ヴェネツィアの旅記 in 🇮🇹 )ー1/2編

水に浮かぶ島!ひとりで世界旅行(ヴェネツィアの旅記 in 🇮🇹 )ー2/2編

〓〓〓🇮🇹フィレンツェ🇮🇹 〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802200745j:plain
「水色星」で、イタリア 🇮🇹のフィレンツェ 
f:id:tkgsx1300:20190616101948j:plainf:id:tkgsx1300:20190616101955j:plainf:id:tkgsx1300:20190616102000j:plainf:id:tkgsx1300:20190615091308j:plain
最初から、ウフィツィ美術館、ヴェッキオ橋、フィレンツェ のドゥオモと夕方のそれ 

芸術が謳う街!ひとりで世界旅行(フィレンツェ(フローレンス)の旅記 in 🇮🇹 )ー1/1編

〓〓〓🇮🇹ローマ🇮🇹 〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802200745j:plain
「水色星」で、イタリア 🇮🇹のローマ 
f:id:tkgsx1300:20190616114039j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114051j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114047j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114058j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114055j:plain
上から順に、コロッセオ、真実の口、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂、トレビの泉昼ver.夜ver. 

犬も歩けば世界遺産!ひとりで世界旅行(ローマの旅記 in 🇮🇹 )ー1/2編

神が住む街!ひとりで世界旅行(ローマの旅記 in 🇮🇹 )ー2/2編

〓〓〓🇪🇬アブ・シンベル🇪🇬 〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802203125j:plain
「水色星」のイタリア 🇮🇹のローマから、「黒星」のエジプト🇪🇬のアブ・シンベルへ 
f:id:tkgsx1300:20190616114853j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114903j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114856j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114847j:plainf:id:tkgsx1300:20190616114900j:plain
上から順に、アブ・シンベル大神殿、内部、一番奥、ナイル川、アスワンのホテルからの写真 

質素だけど彩豊かで美麗な神殿!ひとりで世界旅行(アスワンの旅記 in 🇪🇬)ー1/1編

 〓〓〓🇪🇬カイロ🇪🇬 〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802203836j:plain
「黒星」のエジプト🇪🇬のアブ・シンベル(アスワン)から、同国🇪🇬の「白星」カイロへ 
f:id:tkgsx1300:20190616152112j:plainf:id:tkgsx1300:20190616152117j:plainf:id:tkgsx1300:20190616152126j:plainf:id:tkgsx1300:20190616152131j:plainf:id:tkgsx1300:20190616152105j:plainf:id:tkgsx1300:20190616152136j:plain
上から順に、ギザの三大ピラミッド、同じ、ラクダに乗る俺、ピラミッド近くのスフィンクス、カイロ考古学博物館、ナイル川クルーズから撮ったカジノ 

死の国の巨塔!ひとりで世界旅行(カイロの旅記 in 🇪🇬)ー1/2編

ファラオの宴!ひとりで世界旅行(カイロの旅記 in 🇪🇬)ー2/2編

〓〓〓🇨🇳深圳🇨🇳 〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802204756j:plain
「白星」のエジプト🇪🇬カイロから、「青星」の中国🇨🇳深圳(しんせん)へ 
f:id:tkgsx1300:20190610141536j:plainf:id:tkgsx1300:20190610141525j:plain
深圳宝安国際機場

世界最先端の街!ひとりで世界旅行(深圳の旅記-しんせん-in 🇨🇳)ー1/1

〓〓〓🇯🇵日本🇯🇵〓〓〓

 

f:id:tkgsx1300:20190802205227j:plain
「青星」の中国🇨🇳深圳(しんせん)から、「赤星」の日本🇯🇵の成田へ 

f:id:tkgsx1300:20190823173032j:plain

引用元:成田空港に行くための便利な交通手段とは | アパホテルコラム

 

「やっぱり日本はいいですねぇ〜🇯🇵」と、少し長かった旅から無事日本に戻り、安堵の言葉をもらしました。

 

日本に帰国後、私の両親がわざわざ成田空港まで迎えに来てくれました。大きなバックパックを背負って両手にスーツケースを持ちながら、ただいま日本。

 

渡航したすべての国でのホテルはエクスペディアで予約しました。大変お世話になりました。

 

www.expedia.co.jp

 

〓以上がハイライトになります。〓

 

 過去の出来事を思い返すと、その思い出はまるで「ヤスリ」で削られたかのように正当化美化されてしまい、都合の悪い思い出は消えてしまうので綺麗な思い出しか残らないものです。ですので、毎日ルーティンとして記入している日記にはもちろん良いところを伸ばすための伸長点もそうですが、改善点や課題も沢山書き記しています。そこで、その日記と私の記憶から今回の旅をクリティカル(批判)的に見てみますと、改善点や課題は沢山ありますがその中でも「準備不足」と「英語の語彙力不足」が目立ちました。ホテルの写真を撮ってなかったのもそうですが、弾丸に近い即興の旅であったので、事前に訪問する各地の歴史や成り立ちを調べておいて、あらかじめ訪問するルートを決めておけばもう少し楽しめたのかもしれません。また私の、人に気兼ねなく話しかけけることの出来る性格・特徴を最大限海外で発揮するには、現地で通じる語彙(大体英語)を習得してからだと改めて感じました。ですので、英語の勉強には以後精進したいと考えています。

 

 総括して、ひとりでの海外旅行は不安と恐怖がつきもの。けれど旅の中で出会える違う文化の人々や素晴らしい仲間、自己の行動へのアプローチ方法や意思決定に対する判断能力への気づき、普段触れ合うことのできない美しく素敵な遺跡や土地、そして感動。

 

 これでまた一歩、私は強くなりましたまた、私が抱える最も大きな目標のひとつも達成することができましたこれからより進化していきます

 

 最初からの方も途中からの方も、私の「地球一周旅行シリーズ」の記事をご覧いただきどうもありがとうございました。ブログ的にこれくらいが適量だと思うので上記で感想(まとめ)とさせていただきます。これからも、あっと驚くような記事で皆さんにとって有益な情報や知識をお届けしますので、どうぞよろしくお願いいたします。次回からもお楽しみにしていてください。

 

 それでは、また!

スポンサーリンク

私です(It’ me)

挑戦好きで几帳面な20代男子です。残り少ない時を爆速で楽しみます。 すべての投稿においてビジュアル重視で作ったので、みなさんがあっと驚ろかれることを期待しています。毎週金曜日に投稿する予定なので、楽しみにお待ち下さい。