スポンサーリンク
けんけん
けんけん

みなさん、こんにちは❗️

✔︎今回は、前回の記事「古都鎌倉を象徴する!由緒正しき10の観光地〓鎌倉観光のリコメンド」の補完的な内容です。鎌倉へ行ったら、上の記事の観光地と併せて立ち寄って欲しい12箇所のグルメ紹介になります。

〜目次〜

1、小町通りのグルメ12選

2、鎌倉の観光名所

3、まとめ

スポンサーリンク

✔︎「鎌倉」といえば、鎌倉時代を象徴する歴史的建造物多彩なグルメで、多くの観光客を楽しませます。前回の記事では、鎌倉が誇る9つの歴史的建造物とひとつのレストランをご紹介しました。今回は前回の記事と同様、「鎌倉」に来たら目的地としておさえておいてほしいスポットのひとつである「小町通り」のグルメ紹介になります。

✔︎交通機関でのアクセスの目安として、JR横須賀線・東京〜鎌倉まで約1時間です。

 今回も(私の恋人である)ゆきちゃんと一緒に現地を周りました。

ゆきちゃん
ゆきちゃん

今回も、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

1、小町通りのグルメ12選

✔︎ご紹介するまででもありませんが、小町通りはJR「鎌倉駅」の東口を降りてすぐの場所に位置します。

✔︎JR鎌倉駅から地図上部「平家池」と記載がある「鶴岡八幡宮」の敷地内まで続く約600mの道(赤い線)が「小町通り」です。

✔︎①〜⑩(食べ歩きが出来る軽食)から、(定食屋)の順番でご紹介していきます。

ゆきちゃん
ゆきちゃん

全部私の手です♪

①豊島屋本店(鳩サブレー)

✔︎神奈川県内や都内有名デパートに店をかまえる、「鳩サブレー」で有名な豊島屋の本店があります。
バターたっぷりのサクサクとしたこのお菓子は、一度食べるとやみつきになります。

豊島屋本店
営業時間9:00〜19:00・定休日:水曜不定期休・「豊島屋本店 ホームページ

②鎌倉五郎本店

✔︎神奈川県や都内に店舗を構える、「半月」で有名な鎌倉五郎の本店があります。サクサクとした食感にほのかな甘さが特徴的な、幾多にも及ぶ種類のゴーフレットせんべい「鎌倉半月」は、お土産やプレゼントにもってこいです。

鎌倉五郎本店
営業時間10:00〜19:00・定休日:年中無休・「鎌倉五郎本店 ホームページ

③鎌倉壱番屋(小町通り)

✔︎店頭から多くのお煎餅がひょっこりと顔を出す、鎌倉の煎餅屋「鎌倉壱番屋」(小町通り)。多種多様な味からなる煎餅は単品(1枚)からでも買うことができます。いろいろな味を試しながら、鎌倉観光も良いのではないでしょうか。

鎌倉壱番屋(小町通り)
営業時間10:00〜19:00・定休日:年中無休・「食べログ:鎌倉壱番屋(小町通り)

④いも吉館

✔︎定番のソフトクリームをはじめとして、コロッケやきんつば、スイートポテトなど紫芋を使ったメニューが目白押しのお菓子屋さんです。「いも吉」の読み方は、「いもよし」です。

いも吉館
営業時間10:00〜18:00・定休日:年中無休・「いも吉館 ホームページ

⑤さくらの夢見屋 小町通り本店

スポンサーリンク

✔︎レストラン「イタリアントマト」が展開する、和茶房鎌倉「さくらの夢見屋」小町通本店です。店頭の看板には、見ただけでヨダレが垂れてきそうなほど美味しそうなお団子🍡が並んでいます。

夢見屋 小町通本店
営業時間(平日10:00〜17:30)(土日祝10:00〜18:00)・定休日:年中無休・「和茶房鎌倉さくらの夢見屋 ホームページ

⑥鎌倉まめや 小町通り店

✔︎落花生や大豆、そら豆、えんどう豆、ナッツ類といった多種のお豆に、それぞれユニークな味のついたお菓子が定番です。ほとんどの商品は試食することが可能です。私は鎌倉に来たら、高頻度でこのお店に寄ってお土産を買って帰ります。

鎌倉まめや
営業時間10:00〜18:00・定休日:年中無休・「鎌倉まめや ホームページ

⑦芋王

✔︎契約農家の「芋」をふんだんに使用したスイーツが定番の「芋王」。店員さん曰く、鎌倉のこの店舗は期間限定で運営しているそうなので、みなさんが鎌倉へ行った際には店舗事態終了しているかもしれません。ですが、関東圏なら10店舗以上を構えるお店なので心配はご無用です。下記リンクよりご参照ください。

芋王
営業時間-・定休日:-・「芋王のホームページ

⑧鎌倉壱番屋(雪ノ下店)

スポンサーリンク

✔︎「③」の鎌倉壱番屋(小町通り)と同じ店舗です(場所と提供する商品内容が違うだけで、運営会社は同じ)。まるまるいちごが乗ったいちご大福やしらすクロワッサンが人気の店舗です。店舗の外観や商品も、小町通り店とは違った印象・味が楽しめます。

鎌倉壱番屋 雪ノ下店
営業時間10:00〜17:00・定休日:年中無休・「食べログ:鎌倉壱番屋 雪ノ下店

⑨からあげ まこちゃん

✔︎株式会社マックスフーズジャパンが展開する、外食チェーンの鎌倉店です。2019年12月にオープンしたこのお店は、見るところによるとからあげしか売っていませんが、そのジューシーなからあげを口に頬張った瞬間、思わず笑みがこぼれました。

からあげ まこちゃん
営業時間10:00〜18:00・定休日:年中無休・「食べログ:からあげ まこちゃん

⑩鎌倉茶々

 

✔︎お好みの濃さが選べる抹茶、を惜しげもなく使用したジェラートが定番の「鎌倉茶々」は、鎌倉駅の東口(小町通り店)と西口(御成店)の双方に位置します。小町通り店の隣には「鎌倉茶々」のお惣菜販売所も併設しており、3枚目の写真はそこで買ったコロッケです。

鎌倉茶々
営業時間10:00〜17or19時の間・定休日:不定休・「鎌倉茶々 ホームページ
✔︎下のおよびは、定食屋です。

お好み焼き「津久井」

✔︎鎌倉駅西口から出た道の路地を曲がった所に位置する「お好み焼き津久井」は、昔ながらの住宅を丸々店舗にした内装です。ユーモア溢れるジョークやお好み焼き作りの技術に富んだ店員さん(おばあちゃん達)と、そのお好み焼きの味には感慨無量でした。

お好み焼き 津久井
営業時間:平日昼11:30〜14:30、平日夜17:00〜22:00、土日祝日11:30〜22:00[※夏季期間中(7月21日~8月31日)は、平日の昼の時間帯は営業していない]・定休日:不定休・「お好み焼き津久井 ホームページ

こまち茶屋

✔︎小町通り入って直ぐ左にある商業施設「アイザ鎌倉」の2Fにあるのが、この「こまち茶屋」です。店名は甘味処ですが、私は定食メニューの「生しらすと釜揚げしらす御前」を注文しました。定食から甘味メニューまで幅広く取り揃えています。

こまち茶屋
営業時間・定休日:年中無休・「鎌倉屋こまち茶屋 ホームページ

2、鎌倉の観光名所

 鎌倉時代の武将「源頼朝」とゆかりがあり鎌倉を代表する神社である「鶴岡八幡宮」や映える写真が撮れる紫陽花寺の異名を持つお寺の「明月院」、鎌倉大仏があることで有名な「高徳院」、等といった古都鎌倉を象徴する9の観光地と1つのレストランの紹介記事です。

 併せてご覧ください。

3、まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 鎌倉駅周辺には、沢山のお店が軒を連ねます。その範囲を鎌倉駅周辺以外にも広めれば数えきれません。その中でも私とゆきちゃんが鎌倉を訪れた3日間で選んで、実際に食して美味しいな、と感じた12箇所をご紹介しました。

 今は(投稿日:2020年4月)、コロナウイルスの影響で定休日が年中無休や不定休のお店でもほとんどが休業しています。ただ、いつかは人類がウイルスに打ち勝つ日が来るので、その時になったら是非、「次の休日はどこへ行こう?」候補に「鎌倉」をご検討ください。その際に、今回の記事がみなさんのお役に立てたら幸せです。

 今回も旅のリコメンド「鎌倉グルメ」編を最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

Follow me!

スポンサーリンク