啓発活動のリコメンド

珈琲と昼寝の驚異的な力!〓コーヒーナップのリコメンド〓

スポンサーリンク

 みなさん、こんにちは。今回はパワーナップならぬコーヒーナップについてのお話です。最近は逆に寒くなってきましたね。今度は逆に、その寒さに影響を受けて風邪を引かぬようお気をつけください。

 

 

 先日「コーヒー好きがコーヒーサーバーのリコメンド」の記事でご紹介しましたが、私はコーヒーが好きです。その中の一文で、

 

 ・朝飲む理由は、カフェインの覚醒作用を使って、交感神経を優位にするためです。

 

 ・昼には20分間の短い昼寝をする時間を設けて、その昼寝する前に飲んでいます。まず昼寝をする理由ですが、食事をしてから訪れる睡魔を打ち消すためと、集中力の源である前頭葉の灰白質というところにある物質(意思決定能力)を活性化させて以後の活動をより活発にするという理由です。また、コーヒーを飲んでからカフェインが効いて来るまで20分くらいかかります。そのタイムラグを利用して、20分間の昼寝をする前にコーヒーを飲む事によって目覚めた時にちょうどカフェインの効果が効き始めてくるので、それ以降は活発的に活動することができるというロジックです。

コーヒー好きがコーヒーサーバーのリコメンド〓Nespressoのコーヒーサーバー〓

 

とご紹介しました。これらの記事をもう少しだけ掘り下げて、再度ご紹介します。

 私のブログ訪問者の約半数はスマホからのアクセスなので、今回はスマホでも見やすいように記事を作成します。

目次

1,コーヒーの効果

2,パワーナップとコーヒーナップ

3,朝と昼のコーヒーTime☆

4,自己啓発活動への取り入れ

5,まとめ

 

 

1,コーヒーの9つの効果

 

コーヒーを摂ることによってカフェインから得られる効果です。

 

①カフェインには覚醒作用があるため頭がスッキリする

②カフェインの覚醒作用により集中力が上がる

 

③利尿作用で体内の老廃物をデトックスしてくれる

 

④自律神経の働きを高める

 

⑤運動能力を向上させる

 

⑥心臓の筋肉の収縮力を強化

 

⑦赤ワインに匹敵するポリフェノールにより、心疾患での死亡率が低下する

 

⑧脳内で眠気や疲労感を引き起こす物質「アデノシン」を抑制する

 

⑨ポリフェノールを沢山摂ることで紫外線に強くなる

 

図1

 

2, パワーナップとコーヒーナップ

 

〜パワーナップとは〜

 昼間の短時間睡眠の事で、今や世界の大企業( GoogleやApple、Microsoft,Nikeなど)が取り入れています。実証実験では、昼間の時間に26分の仮眠をとることで、認知能力が34%注意力が54%も向上したという実験があります。また、生理学的にも人間は昼間の時間帯に眠気を感じるそうなので、このパワーナップは理にかなっていると言えるでしょう。ちなみに今回参考にさせていただいた「PHILIPS」さんのサイトでは、パワーナップにより次の効果も期待できるそうです。

 

1、疲れがスッキリとれる

2、判断力、理解力、集中力が上がる

3、やる気がアップする

4、自由な発想が生まれやすくなる

5、作業効率が上がる

 

参考:PHILIPS

〜コーヒーナップとは〜

 コーヒーを飲んでからカフェインの効果(覚醒効果)が聞き始めるまで約20分程の時差があります。このタイムラグを使って、昼寝をする際にまずコーヒーを飲んでから目を閉じます。その20分後に設定しておいたタイマーか何かで目を覚ますと、起床すると同時に第1節で挙げた9つの効果が享受でき、時間にほとんど無駄が無く次の作業に取りかかれます。昼寝もできてコーヒーの効果も享受できて、まさに一石二鳥ですね。

 

3,朝と昼のコーヒーTime

 

〜朝のコーヒーTime〜

・起床してから15分後に飲みます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・図1で表したコーヒーの効果を享受します。

・交感神経が優位になり頭スッキリ集中力も上昇するので、言い換えるのならばこの時間にコーヒーを飲むということは、1日のスターターピストルの役目を果たすと言えるでしょう。

 

〜昼のコーヒーTime〜

・昼食後に実施します。

・図1で表したコーヒーの効果を享受します。

・コーヒーを飲んでから20-25分程度の昼寝を実施します。その後の生産性を飛躍的に向上させます。眠くても我慢して起きることが肝で、30分以上寝に入ってしまうと夜の睡眠に支障をきたします。また、目をつむったとしてもそんな簡単にすぐ寝れるものではありません。目をつむってぼんやりしているだけでも効果はあるそうですよ。

 

,自己啓発活動としての取り組み

 【コーヒーナップは不定期で実施するためルーティンには取り入れていませんが、その日の生産性を高めるので自己啓発活動という括りでご紹介しました】

 

,まとめ

 いかがでしたでしょうか。コーヒーを飲んでからの短時間睡眠。一連の行為で享受できる効果をざっくりまとめますと、

・頭も疲れもスッキリする ・判断力、理解力、集中力が上がる ・やる気が向上する ・自由な発想が生まれやすくなる
・作業効率が上がる ・利尿作用で体内の老廃物をデトックスしてくれる ・自律神経の働きを高める ・運動能力を向上させる
・心臓の筋肉の収縮力を強化 ・赤ワインに匹敵するポリフェノールにより、心疾患での死亡率が低下する。 ・脳内で眠気や疲労感を引き起こす物質「アデノシン」を抑制する ・ポリフェノールを沢山摂ることで紫外線に強くなる

となります。

 

 一度だまされたと思って実施してみてください。もしかしたら、何か思わぬ発見をするかもしれませんね。

科学的にも論理的にも生理学的にも合理的なこの方法で、毎日を少しでも効率的かつ生産的に過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 今回も最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。今後ともよろしくおねがします。

それでは、また。

 

スポンサーリンク

私です(It’ me)

挑戦好きで几帳面な20代男子です。残り少ない時を爆速で楽しみます。 すべての投稿においてビジュアル重視で作ったので、みなさんがあっと驚ろかれることを期待しています。毎週金曜日に投稿する予定なので、楽しみにお待ち下さい。