スポンサーリンク
けんけん
けんけん

みなさん、ボンジョールノ❗️Twitter(@tkgsx1300)

 2019年3月8〜10日の本日、前回に続きましてミラノ大聖堂周辺の旅記です。

 前回は、旅の中(空港の駅)で巡り合った、ニューヨーク在住でイタリアにスノーボードする目的で来たお兄さんと、別の関係・目的で来ていた子供とそのお母さんの3人と一緒にミラノ大聖堂周辺を巡ってからパスタ屋さんへ行ったところまで書きました。下に前回の記事を記載します。今回は2、3日目の旅記です。

 前回載せるのを忘れていたお嬢ちゃんの写真です。ちゃんと許可は得て、しっかりとポーズをとってもらいました。ポーズがクールだし、とても可愛くて絵になりますよね。

f:id:tkgsx1300:20190711181426j:plain

Miss.Anastasia. 

 イタリアのチップの参考・目安額です。 

チップの参考額:イタリア
一般的なレストラン 1〜2€くらい
高級レストラン 10%くらい(端数無いように)
ビュッフェ 1〜2€くらい
高級ビュッフェ 10%くらい(端数無いように)
ファストフード 不要
カウンターバー バールでは基本不要
タクシー=普通 運転手によっては渡さないが、大体10%くらい
現地ツアーガイド 基本不要だが、渡すなら20€程
ホテルの清掃の方に対して 渡したければ1€くらい
ドアマン 1〜2€くらい
ベルボーイ 1〜2€くらい
ウェイター 気持ち€
イタリはでのチップは強制ではないので、あくまでも気持ち。
f:id:tkgsx1300:20190802200745j:plain
今日は「水色星」で、イタリア 🇮🇹のミラノ 

 お兄さん達とこの日最後に行ったのが、おしゃれなパン屋さん。店内の写真を撮るべきだったのですが、すっかり目の前のことに夢中になってしまいこれだけしか撮れていません。

けんけん
けんけん
ここでも、グルテンフリーのパンは売っていたよ!!
f:id:tkgsx1300:20190508084719j:plain

 Eliさん達と会ったのは正確にはマルペンサ国際空港の駅ですが、待ち合わせをしてさようなら(See you later=また会いましょう)をした下の写真の駅がミラノ・セントラルです。潔癖症の私からしたら、とても綺麗だとは決して言えませんでしたが、規模が大きくてイタリアらしくゴシック調の造りで大変美しかったです。

今でも目に焼き付いています。(ほんと見え辛くてごめんなさい…)

f:id:tkgsx1300:20190711100120j:plain

 そして下の写真が、私が今回ミラノで泊まりましたホテルです。今回の旅では基本ホテルの写真は撮らないこと(撮り忘れていただけです)にしていたので、ロサンゼルスとこれから行く2つの街の泊まったホテル以外の写真はありません。ですので、ネットの引用失礼します。

f:id:tkgsx1300:20190823162104j:plain

引用元:ドリア グランド ホテルの格安予約-ミラノ|エクスペディア

 この「ドリア・グランデ・ホテル」はミラノ・セントラル駅から目と鼻の先に位置しているのですが、私の技量不足で探すのに大変苦労しました。

薄紅色がミラノ中央駅で、赤い丸がこのホテルの場所です 

 ホテルの中はお風呂の蛇口でも洗面台でも水を出す方式がほとんど手動であったので、慣れるまでには少し苦労しましたが、それも古き良きイタリアの習慣に触れ合えたと正当化してこのホテルに2泊3日しました。室内はとっても静かです。

スポンサーリンク

※写真はイメージです。

 アメリカは、泊まったところがそういう場所だったのかクラクションの音がうるさかったので、比較的ここは立地的にとても静かなところで、ホテル内のレストランも大変優雅でそこの従業員の方々も大変気さくでした。

 もしミラノへ行く機会がありましたら、このホテルには是非泊まってほしいです。まさに「無音」って感じです。

www.expedia.co.jp

スポンサーリンク

 ホテルの近くのレストランで食べたパスタセット。

f:id:tkgsx1300:20190507182733j:plain

 お腹いっぱいになってから街の中を巡ります。

 そして、2日目に街を散策していると、最近(2019年2月28日)日本の中目黒にも出店したスターバックス・リザーブロースタリーを発見しました。そのお店のミラノ店に辿り着きまして、いつも日本で飲んでいるエスプレッソを注文しました。

 日本では、スタバのエスプレッソはけしからん!美味しくない!とネットで叩かれていますが、私は大変美味しいと感じます。それにミラノのリザーブロースタリーのエスプレッソは、豆の味がより際立って感じられ、苦味は強いけど決して弱くない柔らかさも感じられました。美味しかったです。それに、店員さんもどの方も丁寧に接してくれました。

f:id:tkgsx1300:20190711100958j:plain
f:id:tkgsx1300:20190711100953j:plain

 ⬇︎ミラノセントラル駅です。

 またしても時間が止まった様な優雅なひと時を味わうことが出来、警戒心はまだあったものの私自身大変満足しながら3日目に次の目的地に向かいました。

f:id:tkgsx1300:20190507182726j:plain

 上の写真は自分が座った席です。どの車両もこんな感じの豪華な席でした。

  次の目的地もイタリアですが、水の都へ向かいます!
 「ラティオス、ラティアスに会えるかな……….?」(またしてもネタバレですが、下に記事を貼っておきます)

 今回もありがとうございました。次回もお楽しみください。

 それでは、また。

Follow me!

スポンサーリンク
PAGE TOP