スポンサーリンク

 

けんけん
けんけん
みなさん、こんにちは!你好(ニーハオ)

ファラオの宴!ひとりで世界旅行(カイロの旅記 in 🇪🇬)ー2/2編

 前回の記事です。

 本日2019年3月21〜23日は、エジプトのカイロ国際空港から飛び立って中国の深圳(しんせん)にいました。深圳は、中華人民共和国の広東省に位置する副省級市で、上の地図上だと香港の真上に位置します。

 毎回ご紹介している各国のチップ目安表ですが、中国ではチップは不要です。

 最初に申し上げておきます。 
※この記事は皆さんにとってつまらないことが予測されます。その理由は後でわかります。
※ただ、最後までご覧ください!

 中国の深圳は「中国のシリコンバレー」と呼ばれるほどIT分野で発達していて、とても先進的な街です。

 カイロ国際空港から一度バンコクのスワンナプーム国際空港を経由して中国へ向かいます。エジプト🇪🇬から中継地点のバンコク🌸までの荷物追加料金は何故かかかりませんでした。イタリア🇮🇹からエジプト🇪🇬へ向かう「エジプト航空」の便では、荷物の追加料金(11、376円)はかかりました。どうしてでしょうか。

 ただ、中継地点バンコク🌸から中国🇨🇳までの便では、前回と同様スーツケース一個分の荷物の追加料金[今回は100GBP(スターリングポンド)=日本円で13,616円]がかかりました。高い追加料金にテンションを下げられながら中国の「深圳宝安国際機場」に到着いたしました。

けんけん
けんけん
いや、イタリア🇮🇹からエジプト🇪🇬間の金額よりも高いじゃん!!
f:id:tkgsx1300:20190802204756j:plain

「白星」のエジプト🇪🇬のカイロから、「青星」の中国🇨🇳深圳(しんせん)へ

 

 中国に入るには空港で入国許可証を書かされます。終わって空港の外に出ると、たまたまかもしれませんがいきなりタクシー乗り場

出口がなかなか見当たらない。たまたまかもしれませんが、簡単には空港の外に出させてくれません。ただ恣意的に、地下鉄には乗りたくなかったのでタクシーでホテルまで行くことにします。丁度良かったです笑

 だがしかし、乗ったタクシーの運転手のおじさんは英語の「え」の字も話せませんでした。(思い返してみれば、普通のタクシー運転手さんが英語を絶対に勉強しているとは言い切れませんもんね)

 信号待ちでは、ちょっと進んで止まってちょっと進んで止まっての繰り返し。肝が小さいのか無駄に地道に走行運賃のメーターを上げてるかのように見えました。

 挙げ句の果てには、指定した付近で降車する際、走行メーターの料金は「32元」となっていたので100元札(人民元)を手渡しで支払ったのですが、受け取ったお釣りは62元(100-32=62…..!?!?)。引き算すれば小学生でもわかりますが6元足りません。

(因みに当時の円と人民元のレートは、1元に対して16円くらい。)口論になっている最中にもメーターがどんどん上がっていって、結局支払金額が38元になりまして、タクシーを降りざるを得ませんでした。もう呆れて何も言えません。

 だがしかし

スポンサーリンク

 言い過ぎてしまいましたが冷静になって考えてみると、その当時の私は初の中国に足を踏み入れて大変緊張していたし、不安と戸惑いで血の気が登ってしまったのかもしれません。なので現地の下調べや翻訳機(中国語)を冷静になって活用していれば、結果は変わっていたのかもしれません。

 タクシーから降りて、エクスペディアのアプリに載っているホテルの場所を探します。

 タクシーから降りて、ホテルへ向かう最中に問題が発生。ここまで8都市3カ国でお世話になった某ホテル予約サイトの、ホテルの所在地が載っている地図。たまたまエクスペディアが間違えていたのか、その場所にホテルはありませんでした。スマホの電池も残り20%代。

 「やばいっ……………………….」 

 肝心な時にスマホの携帯充電器の電池は切れています(笑)(いや、もう笑い事じゃないwwwww)中国なので英語が話せる人もそんなに多くない。しかも国民性なのか、私が質問しに行くとみんな逃げてしまう…….辺りにはホテルらしき物が全くない…….「じゃあどうすればいいの!?!?え???」

 この事件は今回の旅で一番鳥肌が立ちました。(本当に終わったかと思いました)

 ですので、私は考えました。話を聞いてくれそうな「働いている人」にホテルまでの道を聞くことにしようと。

 そう、比較的沢山いた深圳市の警備の方数人に、今日行こうとしているホテルの住所(某ホテル予約サイトの地図は間違っていたが、某ホテル予約サイト内に書いてある住所は正確だった模様)を聞くと、丁寧に教えていただき、ようやく1時間くらいかけてホテルに着くことができました。

某ホテル予約サイトさんのお詫び
ちなみに某ホテル予約サイトには後で、地図が間違えていることをメールで連絡しました。すると深圳のホテルに滞在中に某ホテル予約サイトから電話が来て、お詫びと「期間限定の某ホテル予約サイト内で使用できるポイント」をもらいました。あんなトラブルを体験しましたが無事に到着できたし、私の計画不足がまたしても露呈して認識する事ができたので、良しとしましょう!

 「やっっっっとついたあぁぁぁあぁぁ…………*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚」

f:id:tkgsx1300:20190823171851j:plain

f:id:tkgsx1300:20190823171847j:plain

f:id:tkgsx1300:20190823171901j:plain

引用元:デイハロー インターナショナル ホテル (Dayhello International Hotel …

 その名の通りインターナショナル(国際的)なホテルで、来客は黒人も白人も多種多様な国から来ていることが観測できました。

www.expedia.co.jp

 このホテルのフロントの方は、言葉遣いや身振り手振り、品が高くとても親切でした。ここのどのホテルマンも笑顔で対応してくれて、気遣いが半端じゃなかったです!

 品が高きホテルが故に、表玄関面の駐車場には大量のベンツが停車。それに、二日目にはランボルギーニが2台もとまっていました。

※写真はイメージです。×2

 部屋の入室時はカードキー解錠で、かつ扉を開けると部屋奥のカーテンが自動で開きました。部屋の綺麗さといい、自動で開く奥のカーテンといい、とても先進的だなぁと感じました。

改めてお詫び申し上げますが、今回の世界旅行でのホテル内の写真は一切撮っていません。ごめんなさい。

  そしてもう一点ございます。

私からのお詫び
今回の世界旅行、アメリカ、イタリア、エジプト、と行きまして、今回この降りたった中国も現地での観光を大変楽しみにしていました。  現在私が通っている日本の大学のゼミナールでは、AIやIot、ビッグデータなどのICT(Information and Communication Technology)技術をはじめとした最先端のテクノロジー技術を自発的かつ能動的に学び、考察し研究しています。そのため、世界的に先進的な中国の深圳は大変楽しみにしていました。  ですが、ホテルの敷地を一歩出ますと私の目からは街が「荒廃」しているように見えました。ようく地図に目を通しますとこの場所は、空港からは近いものの深圳の中心地からは程遠く、田舎のような印象でした。他方、中国の街の建築技術水準が私の目に映っている通りなのであればなおさら納得です。結局、鉄道に乗る気力も薄れていて、かつ日本を目前にして一気に恐怖心が湧いたため、この日とその次の日は、素敵なホテルの中に引きこもりのように生存していました。その分、タスク(旅程)も減ったためホテルのバイキングにより集中していました。バイキングの写真をお楽しみください。
ごめんなさい…..
けんけん
けんけん

 そのバイキングの写真です。

スポンサーリンク
f:id:tkgsx1300:20190612122943j:plain
f:id:tkgsx1300:20190612122934j:plain
f:id:tkgsx1300:20190612122926j:plain
写真は、ビュッフェのほんの一部です。

 中華料理ってわけではありませんが、私が想像していたような中国料理でした。中国版お寿司には思わずニヤついてしまいました。全体的にどの料理も味は濃かったですが、いろいろな種類の料理が集まっていて満遍なく食すために少量ずつ取ることにしました。

 様々なバリュエーションがあって、質ではなくて量で楽しむ事ができました

 このフロアに置いてあった全ての料理の種類を言ったら、写真があと15枚くらい必要になります。

いや、もっとかな…..?
けんけん
けんけん

 とても大きなビュッフェスタイルのレストランでした。

 もしもまた中国へ行く機会がありましたら、再度深圳の中心部もそうですが、北京や上海に行って「中華料理を思う存分食べてみたい!」と思いました。

※写真はイメージです。こんな感じのを食べてみたいです。

 結局中国のホテルに籠りっぱなしであったので、これで中国の街の滞在記は終了になります。先ほど、当記事は「みなさんにとってつまらなくなる事が予測されます」と申しました。それはホテルの外に出て観光していない事が理由です。ごめんなさい。

 最後は、イギリスのデイリー・メールにて「フライト遅延を望むほど美しい空港」と賞された深圳の「深圳宝安国際機場」をご紹介します。マンタ・レイのようなデザインと変った形の空調。イタリア-ローマ生まれのの建築家である「マッシミリアーノ・フクサス」さんが出がけた、宇宙空間を連想させるデザインのこの空港に、私は建物全体が白く近代的なデザインを連想させるデザインだったため、東京ディズニーランドにあるスペースマウンテンを連想してしましました。

 ちなみに当空港にスターバックスコーヒーがあったので、すかさずエスプレッソを注文しました。アメリカ・ニューヨークのスタバでもイタリア・ミラノのスタバでも、店員さんが自分から見たら外国人だからとてもシュールでした。

けんけん
けんけん
うん、うん
f:id:tkgsx1300:20190612123011j:plain
f:id:tkgsx1300:20190612123004j:plain
f:id:tkgsx1300:20190612122957j:plain

www.expedia.co.jp

 これで、今回私が臨みました「(距離的な)地球一周旅行」は終了になります。

  次回はこの「地球一周旅行」のまとめになります

旅の軌跡と映えそうな写真達!地球一周旅行のまとめ🇺🇸🇮🇹🇪🇬🇨🇳🇯🇵

 ここまでお読みいただきどうもありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします。

次回も是非お楽しみください!

 それでは、また。

Follow me!

スポンサーリンク