スポンサーリンク

けんけん
けんけん
みんさん、こんにちは!

 みなさんは「マジカル・アイ」はご存知でですか?小耳に挟んだことのある方も少なくはないかと思います。(そんなことはありませんか?)

 マジカル・アイとは、 とある絵を見て目の視点をずらすと、立体的な画像が浮かび上がり、それにより目の筋肉を十分に活用して視力回復目の疲れの回復を促すブックタイプ(本)のアイテムです。

 スマートフォンをたくさん見る方や、常習的にパソコンを使うビジネスパーソンには耳よりな情報です。

マジカル・アイご紹介の目次

1,マジカルアイって…?

2,商品紹介

3,自己啓発活動への取り入れ方

4,まとめ

1,マジカルアイって….?

 マジカルアイとは、(本の中にある)写真を寄り目にしながら見るとその画像が立体的になって見えて、視力回復目の疲れの回復を促すといった長崎綜合療術院の院長である徳永貴久さんが監修した宝島出版社の人気シリーズ本です。

 人間の目は見る対象の物との距離に応じて、「毛様体筋」という眼のピント調節を行う筋肉を緊張させたり緩めたりします。ちょうどピントの合った映像を網膜上に映すことで、はっきりと物が見えるようになります。

「毛様体筋 イラスト」の画像検索結果

引用元:毛様体筋のトレーニング~水晶体を薄くする訓練 | 視力回復の …

 しかし、近視や老眼といった目の異常は、毛様体筋が柔軟性を失い、緊張やゆるませることができなくなって凝り固まり、上手くピントを調節できずに起こるケースが多いそうです。

 毛様体筋は近くを見るときに緊張し、遠くを見るときに緩みます。近視は近くのものは見えるのに遠くのものにピントを合わせられない症状です。逆も然り。都会の生活によって遠くを見る機会が減少している現代人にとって、画像を楽しみながら視力を回復させることが出来るので、その点メリットがあります。

2,商品紹介

 文庫本と同じくらいの価格で大変お求めやすく、風景や天体、空、花、植物、模様、世界の都市、動物、乗り物といった立体視出来るイラストが入った本が相当数・種類出版されています。

スポンサーリンク

 その中でも私が購入したのがこちらの4点です。

 新しいテーマの「マジカルアイ」が次々と出版されるので、古くなったそれは中古で入手するしかありません。ただ、何冊あってもそれぞれ違った絵でマジカルアイを楽しむことが出来るので、複数持っていても後悔することはないと思います。
けんけん
けんけん
いろいろ試してみてもいいかもね!各々素敵な絵やイラストが満載だから飽きないよ!!

3,自己啓発活動への取入方

 私は毎朝3分間、このマジカルアイを使って楽しみながら視力回復を促しています。(毎日見る絵は1種類です)以前お話ししましたが、バイク事後で視力が左右合計で1,0以上下がりました。辛うじてものの輪郭は捉えることが出来ましたが、確実に視力が低下していることは認識できました。急激な視力の低下に不満を抱き、その時に出会ったのが「マジカルアイ 」なのです。自主的な統計を開始した2016年8月16日以前から「マジカルアイ 」は、日常のルーティンとして実施しています。

 【マジカルアイは、ルーティンの7/19にあたります】

私の実施している統計を見ると、投稿日(2019年10月20日)時点で「No.7/19・マジカル・アイ」は1,120回実施しています。

 この絵を寄り目にして見てみてください。立体的に見えるはずです!※一番最初にご紹介した本の中からの絵の抜粋です。

 このマジカルアイを見る時間が朝だと視力回復効果を促して、夜だとその日一日の目の疲れを回復させることが期待できます。確かに「視力回復」と「目の疲れの回復」どちらも重要ですが、私は朝に日常のルーティンとして実施するので、「視力回復」効果を期待しています。

 絵の見方は「平行法」か「交差法」があり、「平行法」は近視の方に効果的で、「交差法」は遠視・老眼の方に有効だそうです。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2142310094596363901/2142314047449658203

 その違いはどの本の説明欄にも載っていますが、もっとわかりやすく解説されている方の記事がこちらです。

3D視力回復は本当に効く?

 私はどちらかというと近視ぎみなので「平行法」を実施しています。本の中にも書かれていますが、慣れるまでは時間がかかるそうです。

スポンサーリンク
けんけん
けんけん
すぐに慣れると思うよ!

4,まとめ

 いかがでしたでしょうか。マジカルアイは「毛様体筋」に柔軟性を促して、視力の回復目の疲れの回復の効果が期待できます。

 机に向かって本(マジカルアイ)を3分間寄り目で眺める、それだけです。

 最近はスマートフォンの普及やIT関係の急成長により目を酷使する方が増えました。このマジカルアイの価格は他の文庫本と同等の価格帯で、それから見込める効果までを考慮するとコスパはかなり高いです。しかも様々なイラストが盛り沢山で、楽しく時間をあまりかけず(個人差はあるが、2〜3分でも効果は見込める)に視力・目の疲れ回復が期待できます。

 毎日の朝、夢中にマジカルアイを眺めていると、あっという間にタイマーが終わりの時間を告げます。コスパが高く楽しく、かといって時間をかけずに、日々・いつもお世話になっている「眼」に感謝してご奉仕してあげる。そんな日常があっても良いのではないでしょうか。なにせ、眼は本当に大切ですからね(^^)

 今回も商品のリコメンド「マジカル・アイ 」編を最後までご覧いただきまして、どうもありがとうございます!またよろしくおねがいします。

スポンサーリンク