スポンサーリンク
けんけん
けんけん

みなさん、こんにちは!(Instagram:けんけん、Twitter:@tkgsx1300

最近、”とあるきっかけ”で知った重いブランケット(ウェイトブランケット)を掛けて寝ることで、睡眠の質が上がるという事実を知りました。なので、早速Amazonでウェイトブランケットを購入して毎晩掛けて寝る、という生活を送っています!

この記事では、ウェイトブランケットのメリットやデメリット、実際に使ってみての感想、を書いていきます!

〜今回の記事は以下ような方に向いています〜

・不眠症の方
・寝つきが悪い方
・眠った感じがしない方
・睡眠の質を上げたい方
・日頃、ストレスが溜まる方
・メンタルが落ち気味の方

なんだか最近、寝つきが悪いな〜と感じていたので、Amazonで見つけてこの重いブランケットを試すことにしました。するとどっこい、主観的な感想ではありますが、かなり効果があったのです。

ぜひ最後までご覧ください┏○ペコッ

〜ウェイトブランケットのメリット〜

メリット1:包まれる感じがして、寝心地が良い

Amazonで購入して、配達された当日に使ってみました。

Amazonの段ボールに入って配達されましたが、掛け布団と思えないほど重いので、段ボールから取り出すのに(精神的に)一苦労(笑)びっくりしました。こんなに重いのをかけたら、寝ている間に押し潰されるのではないか…..!?

それはあくまでも段ボールから商品を取り出す時までの感想です。また、それらは思い込みに過ぎませんでした。

 掛け布団の上にかけて寝てみると、ブランケットの重さが体全体を包み込んでくれるような感じがして、とても心地が良いのです。

あくまでも主観的な感想に過ぎませんが、実際に使用してみれば同じ感想を持つ方も少なくはないと思います。

メリット2:安眠度が高まる

 上記で述べたように、ブランケットが体全体を包み込んでくれます。

 普通のふかふかの掛け布団を上から掛けた際にもお分かりかと思いますが、体全体を包み込みながら就寝することが出来るので安眠感が持てます。それに重さが加わるので、余計安眠度が高まります

メリット3:睡眠の質が上がる

 冒頭で述べましたが、”とあるきっかけ”で今回ご紹介するウェイトブランケットを使い始めました。

 その、とあるきっかけというのが、私の大好きなメンタリストDAIGOさんの動画でした。(彼の動画はYoutubeでたまに見ますが、海外(もしくは国内)の難しい研究をわかりやすく要約して動画にまとめてくれるので、大変有益だといつも感じていて、私の超憧れの方です)

 そんな彼が投稿した動画「人生を変えるガジェット〜睡眠と集中」では、睡眠の質を上げるために彼自身が使っている4つのガジェットについて紹介しています。

スポンサーリンク

(ウェイトブランケットの項目は9:00くらいからです)

 この動画で彼が述べるように、睡眠の質を高めてくれる枕やマットレスは存在せず、高級なそれらで寝ても地面で寝ても、いずれにせよ睡眠の質は変わらないとの研究結果がでているそうです。

 それなのに、重たいブランケット(ウェイトブランケット)を使って寝ると、睡眠の質が上がる!という研究結果があるのです。これについての実験は複数回行われていますので、一例を紹介します。

研究1:2006年にアメリカで行われた実験で、32名の成人に30ポンド(13.6kg)の加重ブランケット(ウェイトブランケット)を掛けて寝てもらい、使用の安全性と有効性に関する実験を行ったところ
✔︎33%がEDAの低下(リラックス)した。✔︎63%が使用後の不安の低下を示した。✔︎78%が落ち着きを感じたと回答した。
引用:(https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1300/J004v24n01_05)
研究2:その他の研究でも、コルチゾール(ストレスホルモン)が減少してセロトニン(副交感神経を優位にしてくれる)が増加した、という研究もあります。

 つまり、人にはよるものの、睡眠時にリラックス効果や落ち着きなど睡眠の質に関係する効果(正の相関)があるということが言えますよね。

〜ウェイトブランケットのデメリット〜

デメリット1:適正体重がある。

 上でメリットを述べましたが、このウェイトブランケットは万人にとって有効なブランケットではありません。デメリットと呼べるかどうかはわかりませんが、万人向けではないという理由からデメリットとして紹介しています。

(安全性を考慮しての)適正体重:体重の10%前後の重さ

  上述したメンタリストDAIGOさんの動画内での発言では、

”体重55〜100kgくらいの方なら7kgのブランケットはいけます”

と言っています。大まかな目安として使用することをおすすめします。

デメリット2:子供や高齢者、怪我をしている人は注意が必要

上でも述べましたが、ウェイトブランケットの適正体重は、”体重の10%前後の重さ”です。

あくまでも実験は成人に対してなので、子供や高齢者、怪我をしている方での研究結果はありませんし、体に負荷を与えることには変わりありません。

ウェイトブランケットは子供用も売られていますので、子供に対しては成人用を使うのではなく絶対に子供用を使用して、高齢の方や体に怪我をされている方はお医者さんや主治医に絶対に相談してみてください。

以下に、子供用のウェイトブランケット(amazon)を掲載しましたが、適正体重は厳守してください。

尚、子供がウィイトブランケットを掛けて寝ると、ADHDや自閉症の対策になるらしいです。

デメリット3:洗えない

私が持っているウェイトブランケットのAmazonの商品表記を見ると、お手入れはドライクリーニングのみとなっています。その他の方のウィエトブランケットについて記述のあるブログ記事でも、洗濯は推奨されていません。

ですので、長期間ご使用になるにはウェイトブランケット専用カバーをお買い求めください。私はこの記事を書いてからウェイトブランケット専用カバーの大切さがわかったので、これから購入予定です!

デメリット4:寝ている間にブランケットがずれる

 ブランケットを布団の上に乗っけるだけなので、特に寝相が悪い方は寝ている間にブランケットがずれて、ベットから落ちてしまうことが考えられます。

そのための解決策として、掛け布団とブランケットを固定する「布団クリップ」をお勧めします。

〜商品紹介〜

私が使っているウェイトブランケットと同じ会社が作っているブランケットのサイズ別・重さ別に紹介していきます。ちなみに私が使用しているのは7kgライトグレーのブランケットです。

★122*183センチ7キロ 体重範囲 50-70キロ

けんけん
けんけん

自分が使っているウェイトブランケットは、これだよ!(↑)

ちなみに体重は70kgだよ(*ノ∀`*)ゞ

★152*203センチ7キロ 体重範囲 50-70キロ

スポンサーリンク

★152*203センチ9キロ 体重範囲 60-86キロ

〜実際に使ってみての感想〜

 冒頭でも述べた通り、このブランケットを掛けることによりかなりの効果がありました。

 いままで重い掛け布団を掛けたことがなかったので、掛けるのをすごく躊躇しました。ですが、実際にブランケットを掛けながら寝てみると、初日から”寝つきが悪さ”が解消されました。当日疲れていたとか眠かったなどといった様々な要素はありますが、安心感が得られて眠れたことには間違ありません。

 寝ると一気に体温が下がりますよね。暑い夏でも寝ている間は体温が下がるので、このウェイトブランケットは掛けてみても良いのではないかと思います。ただ、こればっかしは人によりますので、試す必要がありそうです。
 

 使っていれば、そのうちずり落ちてくるので、先ほど紹介した「布団クリップ」は使っておいた方が良いと思います。

 故に、体全体が包まれることによる安心感でぐっすりと寝れます。これは自信を持って言えることです。その他に、起きた直後には感じなくても、毎日の積み重ねで日々の体調が良くなっていると感じています。

 故に、ウィエトブランケットを使ってみてよかったな!と実感しています。

〜まとめ〜

いかがでしたでしょうか

いままで睡眠の質を上げたいなと思うことが何度もあり、その度に枕やマットレスを変える必要があるのだと思っていました。現に、まくらは健康に気を遣って少々お高めのものを使っています。この枕はオーダーメイドのもので自分の頭にフィットするので、大変寝心地が良いです。

しかし、海外の研究では、高い枕やマットレスは睡眠の質にあまり関係がないとのことで、睡眠の質を上げるには圧倒的に掛け布団を変えた方が有効的だ、ということがわかりました。

上でも述べました通り、ウィエトブランケットには体全体が包み込まれることによる寝心地の良さ安眠度の高まりにより、睡眠の質が高まるというメリットがあります。睡眠の質が高まるということにより、日々感じているストレスやメンタル面の不調などが解消されていくというロジックになります。

なんといっても「睡眠」は人間にとって本当に大切なことがですからね!

併せて、睡眠に関する記事をいくつか書きましたので、ぜひご覧ください┏○ペコッ

✔︎ベッドメイキングについて!
✔︎寝る姿勢はどちらがよいのかについて!
✔︎睡眠の質を上げる7つの方法!
✔︎アロマディフューザーで睡眠の質を上げる!

今回も商品のリコメンド「ウェイトブランケット」編を最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします┏○ペコッ

Follow me!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP